chatGPTでKindle本が量産される時代になる

目安時間 3分

解除もすぐにできる,安心の無料メルマガに登録↓


こんばんは!

あーるです

先日、堀江隆文さんが,ほぼ全てをchatGPTで作った本「夢を叶える力」を出版されました。

早速Kindleで読んでみました。

「夢をかなえる力」

 

chatGPTとは,文章作成AIです。

昨年の11月末にリリースされて以来,すでに世界で1億人のユーザーがいるというとんでもないAIです。

 

そのAIを使って,1冊まるごと本を書いてしまったわけですね。

その本を読んでみたわけです。

 

 

まずは、chatGPTを使って本を本当に書かせたのだ,という感慨がありました。

ホリエモンが書いたのは後書きだけで,表示もAIなのだそうです。

 

大きな可能性が開かれました。

使い方次第では本を書くことができる時代がやってきました。

 

実は,本の質についてはまだまだ発展途上です。

誰が書いてもこんな文章になるだろうなという、いかにもchatGPTで書いたと感じる文体です。

堀江貴文風の文体ではありません。

 

だから,この点については批判が集まりそうです。 

 

 

しかし、AIのディープラーニングの力は加速度的に成長しています。

堀江貴文風の文を書けるようになるまで、数ヶ月もかからないのではないかと思います。

 

この動きはもはや不可逆です。

いくら「AIに本を書かせるなんて!」と非難していてもダメです。

そうな時代が来るんです。

 

僕らが頭をアップデートするしかありません。

大変なことですが,そうなんです。

 

 

今後,chatGPTを使って,多くのコンテンツが生まれてくるはずです。

 

その時,私達Kindle作家はいかにAIとうまく付き合いながらコンテンツを作っていくのかを考えていかないといけないですね。

 

僕はブログで少しずつchatGPTを使い初めています。

成果がでたら,またお知らせします。

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
2023年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー

最近のコメント
人気の投稿
タグクラウド
アーカイブ

こちらの記事もどうぞ

メタ情報