Kindleやブログで手が止まった時の処方箋~書けない心のブロックの外し方

目安時間 4分

僕はプロのコーチをしています。

毎週、コーチングセッションでクライアントさんの目標達成のお手伝いをしています。

 

そこでいつも感じるのが、この人,コーチングをしてなかったらとうの昔に取り組みをやめてるだろうなと言うことです。

それほど,一人で目標達成まで行き着くのは難しいです。

 

試験勉強のように、やればやるだけ成果が出るとほぼわかっていることは続けやすいです。

でも、アドセンス合格とか、Kindle出版とか、やっても確実に成果が出るかどうかわからないものは、なかなか「進んでいる感」がなくて続けられないものです。

 

徒労感とか,先が見えない不安からの疲弊とか。

そう言うことが積み重なって,心にブロックができ,手が止まるんですよね。

 

いやいや、実はKindleは「出版」というゴールがはっきりしてるし,出版したその日から収益が出るので,これほどゴールがはっきりしているものはないんですが,

それは経験があるからわかることで,初めての人は先がわからないから手が動かなくなるんですよね。

 

先にやってる人が身の回りにいると、その人を先達者としてメンターにすることができるのでつだけ安いんですが。

なので、僕がそのメンター役になってるんです。

僕のコーチングは,コンサルも兼ねているようなものです。
 

 

さて,コーチがいればいいんですが,いない場合はどうしたらいいの?と言うことですが・・・
 

それは「とにかく手を止めない」と言うことです。

1番怖いのは,「やらない日」を作ること。

 

一度でもやらない日を作ると次の日にはさらにやれなくなるんです。

ずるずるとやらない日が続いて止まってしまうんですよ。

本当にみんなそう。

  
 

ではどうするかと言うと,

よく言われる「1㎜でも進む」と言うことです。

 

ブログなら,ネタ選びだけする。

ライバルの記事を読むだけ。

キーワード選定をするだけ。

エディターを開いてタイトルだけ書くだけ。

 

そんなふうに、「〜するだけ」でいいからやるんです。

タイトル書くだけで終わったとしても,それは確実に記事の完成に向けて進めていると言うこと。

これが手を止めないと言うことです。

 

 

でもね。

それすらもできないんですよね。

 

ブロックがかかっちゃったら、考えることも嫌になるんです。

よく分かりますよ。

僕もそうなんで。

偉そうに言ってるけど,ブロックが,よくかかるんです。

 

でも,コーチやってると,その外し方もよくわかります。

なので,ブログやKindle頑張ってる人は,「たった一行だけで良いんだよ」と自分に言い聞かせてください。

そして、本当に一行で止めるんです。

 

そうしないと,「一行と言っておきながら,それを呼び水にしてさらにやらせようとしてるな」と自分が感じ取ってしまい、殻の中に閉じこもってしまうんです。

なので、本当に一行で止める。
 

ブロックがかかっている時にはそれを大事にしてみてくださいね。

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
カテゴリー

最近のコメント
人気の投稿
タグクラウド
アーカイブ

こちらの記事もどうぞ

メタ情報