#96 1日1記事書く極意 

目安時間 4分
こちらからネットビジネスのたくさんのブログへ
ネットビジネスランキング
クリックお願いします

解除もすぐにできる,安心の無料メルマガに登録↓

目次〜クリックで見出しに飛びます

どうやったら1日1記事書けるのか

さて、現在、トレンドブログの頻度を少し落とし、MEGA式アフィリエイトを実践しているところです。

ASPから毎日のように案件を選び、ひたすら習った書き方で記事を書き、30本をめざします。

30本ほど書いたあたりで、少しずつブログにも力がついてくるので、上位表示させやすくなります。

ですので、1日1記事!と目標を立てて、それに力を注いでいます。

こういう時期って、本当に必要ですね。

学ぶときはそれ一筋。

いろいろ並行してやると気持ちが分散されるのでだめです。

トレンドは、並行して行っていますが、あれは、すでにTwitterをするのと同じくらいの意識でやっているもの。

取り組んでいるというのと少し違います。

スキルを落とさないように、練習し続けている、といった感じでしょうか。

毎日素振りやってるようなものですね。

ですが、学びに取り組むというのはこれとは全く違ったマインドです。

「今はこれ!」という気持ちで、プライベートの時間のほとんどの時間と意識を注いでいます。

そうでないと、サイトアフィリで書くような、商品紹介記事で購買に結び付けるような質の高い記事は書けませんからね。

そんな質の高い記事をなるべく時短で書いていく方法を学んでいるわけです。

時短で、といっても、やらねばならないことと、やらなくてもいいことをしっかりとわけ、今の段階ではやらなくていい、ということは徹底的にはぶいているやり方ですね。

ですから、1日1記事という頻度でも、ある程度のレベルの質で書くことができるんです。

とはいっても、やはり質の高い記事を1日1記事書くというのはなかなか大変です。

僕のやり方は、朝から夜にかけての1日ではなく。夜から朝にかけての1日で書く方法。

夜の間に、キーワード選定、ライバルチェック、タイトルと見出しの決定と構成までやります。

そしていったん寝て、朝のさっぱりした頭で、構成をもとにさくっと記事を埋めて完成。

投稿とともに、次の案件を選ぶというやり方です。

その案件については、昼休みなどに公式を見に行って読み込んでいます。

そうしておくと、夜は、すぐにキーワード選定から始められるんです。

こういうことは、一つに絞って取り組んでいるからできることですね。

トレンドは、MEGA式の取り組み、つまり構成までがすんで、まだ時間がったらやります。

そんな感じですね。

仕事ではkindle書籍も

仕事では、本を執筆するということをやってます。

長いこと、テキストファイルで出力し、WebのEPUB作成ツールで電子書籍に直してからアマゾンKDPに投稿、出版していましたが、

近頃はWordで書いたものをそのまま出稿できるようになったため、らくになりました。

Wordで書いた場合、箇条書きがうまくkindleで表示されないという関門があるんですが、勉強しながら乗り切っていきます。

MEGA式の取り組みを終えて、成果を出せるようになったら、今度はプライベートでもkindleに取り組んでみたいと思います。

ブログの記事などを集めて本にできるので、うまく売れる本ができれば、長いこと収益化できますので、やりがいがありますね。

今から楽しみです。

いかんいかん。 今はMEGA式に注力!

それではまた!

ネットで稼ぐための無料メルマガをやっています。解除もすぐにできる,安心の無料メルマガに登録↓

この記事に関連する記事一覧

解除もすぐにできる,安心の無料メルマガに登録↓

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報