ほどよい努力

一記事30分かけず500文字で書く

10月になりましたね。
けっこう稼げる案件の多い季節となってきました。

僕も昨年、この10月から快進撃が始まりましたからね。
張り切っています。

 

今、ちょっとした取り組みを始めているところです。

それは,

ネット上で関心をもたれていることについて、そこにある疑問を見つけ出し、その答えを記事にしていくもの

 

それだけでは何も特別なことではないんですが、それを「ほどほどの努力」でやり続けようという自分内企画。

具体的には1記事30分かけずにやるということです。

 

世の中には・・・

世の中には、ごりごりと努力できる人ばかりがいるわけじゃなくて、毎日へとへとになって帰ってから、なんとか1日1記事は書かなきゃと思いながらも疲れて寝てしまう、というような方もいます。

メルマガ等を見ていると、仕事としてブログを書くのだから、ちょっと疲れたくらいで負けずに頑張って稼げるようになった方がたくさんおられます。

いくら「1日たった○分 ○○するだけで」と書いてあっても、その実、地道にしっかりと努力を積み重ねておられるということが多いんです。

簡単に稼げると言うことはないんですね。

でも、だからこそ、そこに挑戦してみたいんですよ。

これ、頑張って成果出している人から見たら絶対怒られることです。

何言ってんの。人生甘く見てるの?

みたいな。

でも、やろうとしていることは決して楽をして、手を抜いて、いい加減な低品質な記事を量産しようということではありません。

取り組み自体を楽にできないかと言うことです。

 

疲れた体、もうろうとした頭、さえない知力を、底をつくまで使って1記事書くという気力、根性はとても立派ですが、それで高品質の記事を書けるかというと、やはり僕の経験から言ってだめなんです。
書いている途中で速く逃げたくてしょうがなくなるんです。

しかし、楽に取り組めたら、毎日無理なく続けられますよね。

ココがポイント

楽に取り組めたら、毎日無理なく続けられる

やめない、長く続ける。

これがブログで成果を出す要件ですが、ライフコーチとしては、それがなかなかできない人のためになんとか工夫できないかと思っているんです。

具体的なやり方

  • 1日に30分しかやらない。
  • タイトルを解決する答えだけを500文字程度で書いておしまい。

これを自分と取り決めておくんです。
それだけでぐっと楽になります。

もちろん、これだけでは情報量が少ないので上位表示なんてできません。

そのためにもう1ステップ必要です。
それは、リライトで情報を充実させていくということです。

ココがポイント

リライトで情報を充実させていく

アナリティクスなどを見てアクセスが来始めているようなら、その記事の充実に取り組みます。

つまり、答えだけを書いている500文字の記事に、その根拠として見だし1,見だし2を付け加えていくんです。

この作業はとてもわくわくします。
そして、この作業も30分くらいでやります。

投稿してしばらくたち、サーチコンソール等で調べてみて検索されているキーワードがわかってくると、其れを用いてタイトルを変えたり、見出しを増やしたりすることもできます。

そうやって、最初はさっさと書いた記事を、後からちょっとずつてこ入れして質を上げていくんです。

新規投稿とのバランスは今のところ自由。
リライトばかりの週もあるかもしれませんが、それはむしろよい傾向。
よい記事が確実に増えていくわけですから。

これは、実はぼくがこれまで時々行ってきた手法です。
仕事がかなり大変な時期があり、その期間に手を止めないために苦肉の策として行ってきたことなんです。

そういう書き方をした記事が、あとからリライトを重ねることで結構なアクセスのある記事に育っていった、という経験が少しながらあるんです。

 

その経験を元に、今回自分でゼロからやってみようと思っています。

 

これ、やり始めて2日目。

12月29日まで3ヶ月間取り組んでみようと思います。
もし、何らかの成果が出たら、忙しくて、つかれて記事書きできないという人たちにおすすめできるようになるかもしれません。

 

ということで、このメルマガでも進行状況をお伝えできればと思っています。

ライフコーチやっていると、ほそぼそと長くやめずに取り組み続けるという視点になるんですよね。

ブログはやはり、継続が大事。

そのために、新たな取り組み開始です。

こちらの記事もどうぞ

-ほどよい努力
-,

© 2022 ほどよい努力で無理なく稼ぐアドセンスブログ Powered by AFFINGER5