ブログ50記事書いてもアクセスがないと言う方へ

一般的に,ブログは書けば書くほどアクセスは上がっていきます。

(200記事くらいになったら,上がりにくくなるので,新しい記事を書くよりも,これまで書いた記事をリライトしてメンテナスするほうがより上がりますが・・)

ところが,50記事ほど書いてもアクセスがない,という悩みを持っている方がいます。

僕がお手伝いしているAさんです。

この方は,アドセンスを一発で通った方で,記事の内容もとてもいいのですが,あまりアクセスが来ないと困っていました。

その方のブログをみせてもらった結果,次の3つのことをアドバイスしました。

キーワードを選定して書いていない

その方の記事は体験に基づくとても読みごたえのあるもの,価値ある記事だったんです。

しかし,タイトルにキーワードが入っていませんでした。

記事の内容に合わせて,適当につけていたんです。

そこで,下のことについてアドバイスしました。

  • 記事の内容を読んで,キーワードになりそうな言葉をリストアップすること
  • それらのキーワードを「ラッコキーワード」に入れて,実際に検索されているキーワードを見つけること。
  • キーワードプランナーで,そのキーワードに検索ボリュームがあるのかを調べること
  • ボリュームがあれば,それらのキーワードを左詰めにしたタイトルをつくること

本当ならライバルチェックも必要ですが,すでに記事をかいているのだからすっとばします。

このようにして,キーワードをあてたタイトルを書くということをアドバイスしました。

サーチコンソールのURL検査をしていなかった

Aさんは,記事を書いたら書きっぱなしになっていました。

せいぜいツイートするくらいで,検索エンジンにしらせていなかったので,ずっとインデックスされなかったんです。

検索されるはずもありません。

記事を書いたら,必ずサーチコンソールすること

このことをアドバイスさせていただきました。

以上のアドバイスをして,キーワードをきちんとあてて記事を書くと,それから1週間位してから少しずつアクセスがのびていきました。

50記事も書いていれば,かなりアクセスは集まっているはずです。

それなのに,アクセスされないということは,検索エンジンにその記事がインデックスされていない可能性があります。

いちど,サーチコンソールにいって,当該記事のURL検査をしてみてください。

アドセンスの実践で,僕が使っている教材はエクアドです。 寝ている間にお宝キーワードが降ってくるツールや, 徹底的に機械的に行うキーワード選定など, 省力化にこだわったアドセンスで稼ぐ教材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です